コートを着てカッコよくキメる!

コートには多数の生地があります

コートは寒さから体を守るための上着として人々に用いられています。
丈の長いものから、短いものまであり好みや気候などに応じて使い分けることが出来ます。
1着だけでなくタイプの違うものを複数、自宅のクローゼットに置いておくと使い分けをすることが出来るので、天気に応じて必要な物を選ぶことが出来ます。
このように便利なコートですが、それを構成している生地には種類があります。
高級なものですとカシミアヤギから取れる羊毛を使った物があります。
これは非常に手触りがよく、着ていて気持ちのよい洋服です。
それ以外にはナイロンで出来ている物もあります。
ナイロン製のコートは素材の値段が安いので簡単に購入をすることが出来るだけでなく、生地がとても頑丈ですから長期間の使用をすることが出来ます。
良い素材を使っている製品の値段は高いですが、防寒をするという目的を達成するだけならば値段の安いものでも十分に暖かさを得ることが可能となっています。

コートの生地はウール主体にグレードが分かれる

直接肌に接する部分が無いコートに関しては、肌着とは異なり肌当りの良さを最優先に選ぶ事はあまりありません。
これらの生地としてはなるべく保温性に優れ、上質で型崩れし難いタイプを選んだ方が後々に至るまで活躍してくれる事でしょう。
特に冬場に活躍してくれるアウターとしてのコートは生地にウールが用いられるケースが多くなっています。
比較的丈夫かつ手頃な価格で購入出来るのが魅力的ですが、その分生地に軽さは無く、袖にゴワつきを感じるケースもあるでしょう。
ただウールの中にも採取される毛の種類によってグレード分けがされており、上質のグレードを選ぶ事によってより軽く動き易いといったメリットが出てくるものです。
特にアンゴラやカシミヤを始めとしてそれ自身がブランドとして名称付けられている種類はグレードも高く、価格は高くなるものの上質の着心地を手に入れる事が出来るでしょう。
またこれらの種類を一定の割合で混紡した製品もあり、それぞれの種類の良さを活かした作りとなっているものです。

check

エーワンの事業を知る

最終更新日:2018/11/19