コートを着てカッコよくキメる!

ウールのコートを長持ちさせるためのお手入れ

ウールのコートは毎日のお手入れをすることで長持ちさせることができます。
せっかく高いコートを買ったなら、大事に長く着たいものです。
外出から帰ったらブラシをかけるだけでもかなり汚れが落ちるそうですので、習慣にしていきましょう。
静電気が起こりにくい豚毛のブラシがおすすめです。
脇や袖など、こすれる部分には毛玉ができていないかも定期的にチェックしたいものです。
もし毛玉ができていたら、台所用のスポンジでそっとこすると取れます。
もし大きくなってしまっているようなら、生地に傷つけないようはさみでカットしましょう。
ウールのコートをきれいに着るためだけではなく、虫に食われないようにするためにもお手入れは大事です。
人間の皮脂などがついているとよけいに虫がつくので、しまうときにはクリーニングに出してからがよいでしょう。
ワンシーズン何も手入れをしないで着用し、クリーニングに出さずにしまってしまったら、次のシーズンに着られなくなってしまう可能性もあります。

ウールコートのお手入れ方法

ウールは天然素材のため、コートやお洋服は丁寧に扱わなければいけません。
天然繊維であるウールは一日中空気を吸ったり吐いたりしています。
一日着たらハンガーにかけて一日休ませてあげるようにします。
そしてしまう前には豚毛などのブラシを使って丁寧にブラッシングをします。
コートなどのポケットがあるお洋服はポケットの中のものを取り出してハンガーにかけるようにします。
そうすることで型崩れを防ぐことができます。
たまに蒸気をあててシャキッとさせてあげます。
そうすることで服についたタバコや焼肉など、嫌な臭いも綺麗に取れます。
シミがついたらすぐに取ります。
ウールは比較的シミを取りやすい素材ですが、早く対応することに越したことはないです。
保管するときはコートはなるべくハンガーに吊ってクローゼットにしまいます。
セーターなどはたたんで保管するのですが、ぎゅうぎゅうに詰めて保管せず、ふわっとたたんで保管すると次に着るときもきれいなまま保管可能です。

recommend


池袋でパーソナルトレーニングを受けよう


Last update:2019/4/22